【予約詳細画面】新型コロナワクチンの予約2回目コピー機能リリース!

医療機関側で新型コロナワクチン1回目の予約情報をコピーして、2回目の予約を簡単に取ることができるようになりました。

患者にオンライン予約を1回のみ行わせて、2回目予約の確定は医療機関で行われる運用をしておられる場合にご活用いただくことができます。

従来の割込予約から2回目の予約を取るよりも、操作の負担が軽減されます。


※コロナワクチン専用プランのみ使用できる機能になります。


まず、運用として、1回目実施日に来院した患者様を「実施済」にしてから2回目予約を確定される運用の場合はそのまま【操作手順】におすすみください。

1回目実施日フラグを更新する前に2回目予約を医療機関で先に確定される運用かどうか確認ください。後者であれば、先に「環境設定」-「Uttaro設定」-「予約制限設定」-「割込予約では制限しない」に設定したのち、次の手順でご予約をいれてください。


【操作手順】

1.予約詳細画面から2回目の予約を行いたい患者項目の「2」と書かれたボタンをクリックします。


2.予約カレンダーが表示されますので、2回目の予約を行いたい日付を選択します。

アカウントの紐づきの無い割込予約では、コロナワクチン1回目予約との接種間隔しかチェックされませんので、ご注意ください。


3.予約枠一覧から予約したい枠の「選択」ボタンをクリックします。

あらかじめコロナワクチン2回目用に作成された予約枠を選択してください。「Web予約禁止枠」として割り込み予約専用枠をご用意ください。


4.確認画面が表示されますので、問題がなければ「登録」ボタンをクリックして予約を完了します。


5.予約が完了すると、完了メッセージが表示され、最初の画面に戻ります。

他の患者の2回目予約を行いたい場合は、引き続き同じ手順を繰り返してください。