【予約詳細 新機能】実施記録にロット番号・接種部位一括記録機能リリース!

更新日:2021年11月5日

ロット番号・接種部位の記録が簡単に入力編集したり、一括でまとめて記録できるようになりました。Uttaroに記録することで、クラウド系電子カルテへの実施記録の転記の効率化や、Uttaro GENKI手帳から予約しておられる患者様の接種履歴データにもロット番号、接種部位の情報も記録として残すことができ、より詳しい接種履歴を医療機関と患者の間で共有して残すことができるようになります。


今までは、各患者の予防接種履歴画面から行う必要がありましたが、今回のリリースでは予約詳細画面から直接、確認や登録が行えるようになり、ロット番号登録にかかる手間が大幅に短縮されます。※対応するバーコードリーダーをご利用いただくとさらに簡単に入力ができます。


当記事では簡単な機能紹介のみとなりますが、詳しい操作方法や仕様については、医療機関サポートページより専用マニュアルをご覧ください。


1.ロット番号・接種位置 一括登録

予約詳細画面上部に表示されている「複数ロット番号一括編集」ボタンをクリックします。


一括登録用の画面が表示されます。

ワクチンごとや選択した項目のみ、といった条件を設定して一部にだけロット番号

・接種位置を一括で登録することもできます。


①ワクチン種 … 指定したワクチンのみに絞り込みます。

②行 … 「選択行」を選択すると、絞り込みたい行をチェックボックス形式で指定できます。

③ロット番号 … ①や②で指定された項目に、ロット番号を一括入力します。

④接種位置 … ①や②で指定された項目に、接種位置を一括入力します。

⑤ロット番号や接種位置を、個別に入力することもできます。


入力後は「登録」ボタンをクリックして反映します。


2.ロット番号・接種位置 個別登録

予約詳細画面上部に表示されている「ロット番号編集」ボタンをクリックします。


画面はそのままで、ロット番号と接種位置が編集可能になります。

各項目を編集後、「ロット番号編集 終了」をクリックすると確認のダイアログが表示されますので、OKを選択してください。編集内容が保存されます。


また、Uttaroに対応したバーコードリーダーがあれば、ワクチンのパッケージにあるバーコードを読み取るだけでロット番号が入力できます。ご関心をお持ちの場合はサポートまでお問合せください。今後、在庫のロット番号管理や消費期限チェックできる機能もリリース予定です。