root証明書の有効期限切れでUttaro管理画面にアクセスできなくなった場合の対処方法

2020年6月1日に、いつもどおり医療機関側Uttaro管理画面にアクセスしようとしたら「プライバシーが保護されていないサイトです」という警告がでた医療機関様よりお問い合わせをいただいております。


原因はご利用端末のroot証明書の有効期限が2020/5/30までであることが原因です。一般的には、自動的に更新されるのですが、OSのアップデートが自動で行われていない場合は手動で行う必要がありますのでご注意ください。


セキュリティ上特殊なネットワーク設定で接続しておられる端末や、古いOS、ご購入から年数が経過している端末やタブレットなどで生じている可能性があります。


該当する現象がございましたら、お手数ですが、Uttaroサポートまで、できれば端末の機種名やOSのバージョン、ネットワークの状態などおわかりの範囲でご準備いただいた上ご連絡くださいませ。対応方法についてご連絡申し上げます。

最新記事

すべて表示

2020年10月以降の予防接種接種ルール改変への対応

10月以降実施するワクチンについて、不活化ワクチンと経口生ワクチンの接種期間ルールが撤廃され、注射型の生ワクチン同士のみ4週間接種間隔をあけるルールに規制緩和われることになります。 Uttaroでは、9月中の予約(実施分)については従来のルールが適用され、10以降の予約(実施分)については、新ルールが適用されるよう2020年7月31日に設定変更を行いました。 9月から10月にかけてルール移行期間は