top of page

UttaroはIT導入補助金2022対応商品になりました!

更新日:2022年5月29日


IT導入補助金2022 Uttaroコンソーシアム


 初年度費用 総額60万円以上のクラウド商品の導入にIT導入補助金を申請すると1/2が補助される補助金制度があります。Uttaroの導入をご検討中の従業員300人未満の医療機関様で、院内のDX化を推進されるご予定の医療機関様はIT導入補助金2022の活用もご検討ください。



 ですが冒頭に記載のとおり初期費用合わせて初年度経費60万円以上のソフトウェアのみの購入費しか対象になりません。※最低1期終わっておられる事業所のみになるので残念ながら新規開業予定の医療機関も対象外です。補助金申請対象はこちら


今年度もUttaroコンソーシアムとして、Uttaroと一緒に導入されることが多い以下の商品と組み合わせていただくことにより合計初年度導入経費が60万円を超えると補助金を申請し1/2の補助金申請の対象となります。


補助金は申請しても採択されないケースもございます。また、補助金採択後に契約いただく必要があり採択前に契約したものは認められません。採択されると初年度経費は1年分一括支払いが必要です。ご注意ください。


Uttaroコンソーシアムで組合せできるクラウド商品、サービス

※すべて税別価格です。


 予防接種・健診予約Uttaro小児科内科基本プラン  初期費用10万円/月額2万円〜

 Uttaroインフルエンザワクチン専用プラン(定額制)  初期費用5万円/月額1万2千円〜 (毎年予約開始から実施完了まで利用する月のみ課金)

LINE公式アカウント開設サポート  12万円  (開設代行、自動応答メッセージ設定、リッチメニュー設定、Web操作研修会、広報用ポスターデータ作成、6ヶ月間操作サポート) ※一斉配信が月1000通超える場合LINE公式アカウント維持費(月額5千円〜)を別途LINE社に直接お支払いいただく必要があります。

メルプWeb問診  初期費用 初期費用10万円/月額1万5千円〜


 ソフトウェアのみ対象 ご希望のプランによりお見積り  LINE連携も可能


 ORCAなどレセコン連携で診療所の経営分析


診察予約システムスマイリーリザーブ  初期費用9万5千円/月額1万5千円〜

 スマイリーリザーブ レセコン連携オプション 12万5千円


IIJ セキュアMX

 ランサムウェアで電子カルテ端末のデータに身代金が要求された事案の報道で、院内のセキュリティ対策にご不安を持っておられないでしょうか?迷惑メールからランサムウェア、標的型メール攻撃まで、メール受信時における脅威メールを多層化した フィルタリング機能により極小化します。


 マネーフォワード スモールビジネス 35,760円/1年

マネーフォワード ビジネス 59,760円/1年


※各システムとも表示価格は標準価格です。オプションやご要望内容が標準仕様の範囲を超える場合は追加お見積りが必要になります。ご了承ください。


■組み合わせ例A


■組み合わせ例B


■組み合わせ例C

※3beesシリーズは構成によりお見積りになります。ハードウェアは補助対象外です。


補助金申請って難しいのでは?

 確かに、いくつもの制限があり、資料を集めて登録するなど結構手間がかかります。

手間はかかりますが難しいものではありませんので、要件をよく読んでいただき医療機関様と我々IT事業者が連携してご自身で行っていただくこともできます。


 忙しくてよく読む時間がない、初めての申請なので心配・・・などの場合は中小企業診断士の申請サポートも受けられますのでお気軽にお問い合わせください。

Uttaro小児科内科基本プランとの組合わせで申請される場合は、診断士による申請サポート費用は弊社にて負担させていただきます!


※中小企業診断士の申請サポートを希望される場合、組み合わせ内容によっては、医療機関様から中小企業診断士に申請サポート費を成功報酬でお支払いいただく必要がある場合があります。UttaroコンソーシアムIT事業者(ビープラスシステムズ株式会社、株式会社フリクシー、株式会社スマイリーマム)までご確認ください。







最新記事

すべて表示

GW中のUttaro GENKI手帳 母子手帳写真登録受付とデータ化対応について

2024/5/2 13:00より母子手帳写真データ化対応についてお休みをいただきます。 写真データ受付停止:2024/5/2 13:00~ 2024/5/5 0:00まで データ化再開:2024/5/7 10:00より データ化再開までに受け付けたデータは、5/7以降対応させていただきます。 ご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

子宮頸がんワクチンマスター名称変更

本年度より男子もヒトパピローマウィルス防止用として子宮頸がんワクチンに助成を出す自治体が増えたことより全国的に一般的呼称や標記が「子宮頸がんワクチン」から「HPVワクチン(子宮頸がんなど予防)」に切り替わってきています。 男児で接種を希望される方にも該当ワクチンを選びやすくなるよう、名称を変更させていただきます。 子宮頸がん(ガーダシル)→ 4価HPV 子宮頸がんなど予防 (ガーダシル) 子宮頸が

Kommentit


bottom of page